美容や健康に効果的な栄養素を持つ果物を効率的に吸収するために

美容や健康に効果的な栄養素を持つ果物を効率的に吸収するために

美容や健康に効果的な栄養素を持つ果物ですが、摂取の方法やタイミングによって効率的に吸収できるのです。

 

果物は食後のデザートに食べる人も多いと思いますが、食後では体の栄養にはならないのです。
特に夜に食べる果物はダイエットの天敵となるので、避けることをオススメします。

 

では、いつ食べれば良いのか?
答えは「朝」です。

 

果物を食べるのに一番最適な時間は朝なのです。
朝は体の水分が減っている為、水分補給にもなります。

 

胃が空の状態で摂取する果物は、栄養素がすぐに体内に吸収され、果糖や酵素によるデトックス効果もあります。
果物の多くに含まれるビタミンCは、空腹時に摂取するとより吸収されやすくなります。

 

果糖には多くの糖分が含まれているため、夜に摂取すると脂肪へと変わりやすいのですが、朝は血糖値を上げてくれるため脳の活性化に繋がります。

 

大人になると果物の摂取量が減少してゆきますが、農林水産省は1日200g以上食べることを推奨しています。
ヨーロッパ各国と比べると、日本人の1日当たりの果物の消費量は1/3程度にとどまっています。

 

生活習慣病や肥満の予防にも効果的とされているため、健康寿命を伸ばすという意味でも果物の重要性は不可欠となります。
ですが、1日に200g摂取はなかなか大変ですし、毎朝続けるとなれば皮を剥いたりする手間が負担と感じてしまいます。
忙しい大人が手軽に毎日果物をとり続けるには、ジュースが手っ取り早い方法かと思います。

 

朝一番のフルーツジュースが体に良いとされるのは、モデルやタレントがメディアやSNSで披露しているため、何となく認識されていますが、こういった効果がある為だったのです。
実践するにあたり、まずは好きな果物から初めてみましょう。

 

牛乳やヨーグルトと合わせると、果物の酸味が苦手な人でも飲みやすくなります。
徐々に求める効果にあわせて果物の種類を変えてみるのも良いかもしれません。

 

手軽という意味でドライフルーツをチョイスする人もいるかもしれませんが、小さくなっていて食べやすい分、摂取しすぎる心配があります。
果糖の取り過ぎにも繋がるので、気をつけて取り入れる必要があります。