にんじんは強力な美肌効果がある野菜

にんじんは強力な美肌効果がある野菜

しみやしわに効果がある野菜として抗酸化成分が入った野菜でとてもおススメなのがにんじんです。

 

しみ予防だけでなく、食べていたら、しみが薄くなった、なくなった、肌が白くなった等効果がテキメンに表れている声も数多く聞かれます。
決して特別な野菜ではないですが、実は強力な美肌効果がある野菜なんです。

 

にんじんに含まれる「ベータカロチン」は、抗酸化作用で紫外線に対抗する力を強めてくれます。
体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健康に保ってくれるので、美肌にとても効果的です。

 

また、カリウムも多く含まれており、老廃物を排出してくれる効果もあり、代謝が促進されてリンパや静脈の流れが
スムーズになることで、老廃物もどんどん排出してくれる働きがあるというから驚きです。

 

毎日取り入れる為のお手軽なレシピとしては他の果物と一緒にジュースにしたり、サラダ、すりおろしてドレッシングにいれるなど
様々な方法がありますが、ひとつ注意する点として、生でいただくと、ビタミンCを壊してしまう酵素が含まれているということです。
ですので、火を通した調理法が適しています。

 

しかも加熱をすると、ベータカロチンの体内吸収率が1.6倍も高まるそうです。
炒め物などに入れていただくのが簡単で良いかもしれません。
おススメのレシピとしてあげるのが沖縄の家庭料理の「しりしり」

 

レシピによっても異なりますが、材料はにんじん1本、たまご2個、醤油、酒、だしの素のみとシンプル。
フライパンにごま油をいれ、千切りにしたにんじん(しりしり器などのすりおろし器を使ったら本格的)をよく炒めて、
酒、醤油、だしの素で味付けをし、その後卵を入れて素早くかきまぜたらできあがりです。
お弁当のおかずにもぴったりで、美味しいです。

 

他にも甘く煮てグラッセにしたり、千切りにして茹でたものにごま油、鶏ガラスープと混ぜ合わせて、
ナムルにするのもお薦めです。副菜としてメインの料理の横に1品プラス出来ると思いますよ。

 

先に例をあげた、ジュースやサラダやすりおろししたものも、レンジで温めてから冷まして使うとよいかもしれません。一概に生で食べるのが良くないわけではなく、生でたべるときは、レモンと合わせたり、漬物(発酵食)にしたりすとビタミンCの破壊を防げます。
生で食べる時のオススメのレシピは「キャロットラぺ」

 

こちらも千切りにしたニンジン、塩、レモン、お酢、砂糖、マスタード、オリーブオイルと混ぜて、暫くおいてにんじんがしんなりしたら食べごろ。レーズンをいれるのも美味しいです。

 

またすりおろしたものにレモン、マヨネーズとあえて、サンドイッチの具にするのも、おススメです。にんじんだけなのに、意外にもとても美味しいのです。見た目にもオレンジ色のサンドイッチはとてもキレイで生えますよ。

 

面倒と思われがちな漬物もとても簡単。切ったら、塩麹や、味噌にそのまま一晩つければすぐにいただけます。ヨーグルトに漬けるというレシピもありますね。

 

いつでも手に入れられる便利な食材ですので、いくつかレパートリーを知っておくと、バリエーション良く、毎日の食卓に取り入れられると良いですね。