肌に低刺激な洗顔との入念な保湿を心掛ける

肌に低刺激な洗顔との入念な保湿を心掛ける

肌が荒れると、毛穴の広がりやニキビ、しわやシミにも繋がります。そのように様々な弊害を引き起こす肌荒れを起こさないようにする洗顔方法と、その後のケアの仕方についてご紹介します。

 

まず、クレンジングの前に、肌を充分に温めてメイクや汚れが浮いてくるようにします。蒸らした温かいタオルを顔に乗せたり、お風呂の中ならお湯で温めた手でしばらく顔を覆うと良いでしょう。それからクレンジングを行うのですが、この時、クレンジングを肌に乗せ指の腹でゆっくりと優しく撫でるように洗います。因みにクレンジングはオイルタイプが最も強く、肌が弱い人の場合は刺激があり過ぎる場合があります。

 

敏感肌の方には、比較的肌にやさしいクリームタイプのクレンジングをお勧めします。そして、次にソープによる洗顔です。ソープは手でよく泡立てますが、なるべくきめ細かい泡が立つようにします(固めのホイップクリームのような泡が理想的です)。泡立ったら、それを肌の上に乗せて泡の上から手を動かし、洗うようにします。あまり手が直接顔の肌に当たらないようにしてください。

 

このように、クレンジングとソープ洗顔の両方は、肌に刺激をあまり与えないように注意し、決してゴシゴシと擦らないようにしてください。刺激が強過ぎると、肌の角質や皮脂を必要以上に落としてしまい、肌から水分が逃げて乾燥し易くなったり、肌の免疫力が低下して菌が繁殖しニキビが出来易くなったりしてしまいます。また、洗顔後のケア方法についてですが、これは洗顔後に肌が乾いてしまう前に素早く行ってください。

 

濡れた顔を拭くのは、必ず清潔なタオルを使い、菌が肌にうつるのを防ぎます。化粧水は清潔なコットンに取り優しく顔全体にパッティングします。その後すぐに乳液やクリームをしっかり塗り、肌に水分を閉じ込めるようにします。に低刺激な洗顔と、その後の入念な保湿を心掛けると、肌荒れを防ぐことが出来ます。